更年期障害症状

更年期障害症状に効くおすすめサプリメントまとめ

つらい更年期障害症状に効くおすすめのサプリメントについてまとめました。白井田七、キレイ・デ・エクオール、きなりの特徴や効能など。

オメガ3脂肪酸の5つの特徴とは?


オメガ3脂肪酸とは、正確にはオメガ3脂肪酸といいます。

 

脂肪酸には、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2つがあります。飽和脂肪酸とは、肉類の脂肪に多く含まれエネルギーとしては欠かせない脂肪酸です。

 

不飽和脂肪酸とは、血液中の中性脂肪やコレステロールの量を調整する働きがあり、脳神経の発達、アレルギー症状の緩和などに効果があり、更年期障害の症状の緩和に用いられます。

 

不飽和脂肪酸はオメガ3脂肪酸、オメガ6、オメガ9に分類され、更年期障害の症状に効果があると言われているDHA・EPAを多く含むのは、オメガ3脂肪酸です。

 

 

古来より、魚には豊富な栄養素が入っており、特に青魚を食べると良いと言われています。

 

しかしながら、十分なオメガ3脂肪酸を摂取するには、少しの魚を食べたぐらいでは摂取できません。

 

そこで、他の成分と同じように近年では、オメガ3脂肪酸を凝縮したサプリメントを活用し、更年期障害の症状緩和に利用されています。

 

オメガ3には、5つの特徴があります。

 

1.血行不良の改善

 

オメガ3脂肪酸には、更年期障害の症状緩和に効果を発揮するDHA・EPA・DPA・ALAという、4つの成分があります。

 

この中でも血行不良改善に良いのは、EPA(エイコサペンタエン)です。EPAは、魚の脂肪に含まれる不飽和脂肪酸の一種で、血液をサラサラにする効果があります。

 

EPAは心筋梗塞や動脈硬化、脳梗塞、脳卒中、血栓症高脂血症などの症状の改善にも、効果的だと言う事が明らかになっています。

 

EPAは、血小板が固まるのを防いでくれるので、血液がサラサラになる訳ですが、それ以外にも血管を柔らかくする効果があります。

 

血液の中には赤血球がありますが、この赤血球が全身の細胞に酸素を運んでいます。EPAは、この赤血球の外側の膜を柔らかくする効果があります。

 

したがって、毛細血管などの細い血管にも赤血球が入りやすく、体の隅々まで赤血球が栄養素を運ぶため、血管の柔らかさを保つ事ができます。

 

2.中性脂肪の低下

オメガ3脂肪酸の4大成分の中に、DPA(ドコサペンタエン酸)があります。DPAは、中性脂肪やコレステロールの低下作用をもちます。

 

DPAは、EPAの持つ血小板の凝集を抑える作用がEPAの10倍あると言われています。

 

そして、悪玉コレステロールが血管に付着するのを防いだり、血管内の傷みを修復する作用もあります。

 

3.うつの抑制

 

オメガ3脂肪酸に含まれるDHAは、脳を活性化させる働きを持っています。脳は約140億の神経細胞で出来ており、神経伝達物質をやりとりしながら、情報の伝達を行っています。

 

DHAにより神経細胞の柔軟性が増すと、脳が一層神経伝達物質を受け取りやすくなります。脳からの神経伝達物質により、心の状態が決まります。

 

脳は精神のコントロールをしているので、脳を元気にする事で、うつになりにくい体質を作る事ができます。

 

4.ガン予防

現代社会ではかなりガンの研究が進み、治療法もたくさん出ていますが、やはりまだまだガンは脅威です。ガンはなってからよりも、ガンにならないように常日頃から注意が必要です。

 

ガンを予防するには、2つのポイントがあります。

 

・ガン細胞の増殖や転移を抑制する

・活性酸素を体外へ出す

 

DHAやEPAを含むオメガ3脂肪酸には、ガン細胞を自滅させる作用があります。すでにガン細胞となってしまった細胞は自滅させ、現在の細胞は活性化させて、ガン細胞になりにくくする効果があります。

 

ニュージーランドのオークランド大学では、317の症例の前立腺がんの患者に対して、EPAやDHAの豊富な魚油を摂取させたところ、前立腺がんのリスクが半分になったと言う報告をしています。

 

5.眼病予防

 

更年期になると段々目が悪くなってきますが、年のせいだと思って放置される方がおられます。しかしもし、黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)だと大変です。最悪の場合は、失明するとまで言われています。

 

黄斑変性症になる原因としては、目の網膜の中心にある、直径2ミリほどの「黄斑」部分が変色する事でおきます。これは、動脈硬化など血行不良から起きてきます。

 

オメガ3脂肪酸は、血液の流れをよくしたり、筋肉の老化を防いだりと言う効果がありますので、黄斑変性症の発生リスクを低下させると言われています。

 

 

 

 

タグ :   

成分

TOPへ戻る