更年期障害症状

更年期障害症状

カウンセリング療法とは

カウンセリング療法は、食事を見直したり生活習慣を変える事により、体質の改善を目指すものです。カウンセラーと共に食事メニューを決め、運動療法などを使い、長期にわたり改善していきます。

 

不安やうつなどの症状がある方は、心理療法を用いて精神面の治療を行います。

 

生活習慣を変える為には、行動認知法という療法を使う事があります。自分の思考パターンや行動のパターンを知り、考え方や行動を変える事に、よりストレスをためないようにしたり、規則正しい生活ができるように改善していきます。

 

更年期障害によっておきる症状は、加齢による部分もありますが、精神面からきている事も多くあります。無理なダイエットを行うのも、不眠症で睡眠不足になるのも、心の持ちようで改善していける部分も多くありますので、カウンセリング療法と、他の療法を併用されている方も多くいられます。

 

更年期障害の治療法

TOPへ戻る