更年期障害症状

更年期障害症状に効くおすすめサプリメントまとめ

つらい更年期障害症状に効くおすすめのサプリメントについてまとめました。白井田七、キレイ・デ・エクオール、きなりの特徴や効能など。

漢方薬(サプリメント)療法とは


漢方薬(サプリメント)療法は、症状の緩和をメインとした療法です。

 

 

 

 

漢方薬療法で、一般的に使われる漢方は高麗人参です。高麗人参は、別名朝鮮人参とも言われます。

 

高麗人参はビタミン、ミネラルを多く含むだけではなく、自律神経の乱れに効果があると言う、サポニン(ジンセノイド)を多く含んでいます。

 

このサポニンが、自律神経の乱れを改善しホットフラッシュ、冷え、発汗、血流改善に効果があると言われています。

 

最近では、高麗人参よりもさらにサポニンの量が多い、田七人参と呼ばれる生薬が使われるようになり、田七人参を使ったサプリメントを飲む人が増えました。

 

 

 

 

漢方薬は副作用が無いといわれていますが、全くないわけではありません。

 

漢方薬は、いくつかの生薬を組み合わせて作られますが、その中に麻黄・附子などの生薬を含む漢方薬には、動悸が起こったりのぼせたりするという副作用があると報告されています。

 

サプリメントは栄養補助食品ですが、漢方薬と同じように、全く副作用がないわけではありません。

 

 

 

 

現在、更年期障害の症状の緩和に人気なのは、先ほど解説したサポニンを多く含む、白井田七を使ったサプリメントが人気です。

 

サプリメントは、胃腸から体内に吸収されるので下痢、便秘、嘔吐と言った事が起こる場合もあります。

 

通常の健康体の時であれば問題ありませんが、少しでも体調が悪い時は、服用を控えた方が良いでしょう。

 

 

 

 

タグ :        

更年期障害の治療法

TOPへ戻る