更年期障害症状

更年期障害症状

サポニン

今まではサポニンの含有量が豊富な高麗人参が人気でしたが、最近ではさらに含有量の多い田七人参が使用される事が多いです。

 

どうして田七人参が人気があるのか?といいますと、古来より人気漢方薬であった高麗人参ですが、人気の秘密は「サポニン」と呼ばれる成分でした。

 

このサポニンが、高麗人参にはたくさん含まれており、更年期障害特有の症状であるイライラや、めまい、倦怠感、多量の汗などによく効くと言われていました。

 

田七人参は、高麗人参よりもサポニンの量が7倍もある事が分かり、現在更年期障害の症状緩和には、一番人気と言っても良いほどになってきました。

 

サポニンには、7つの特徴があります。

 

1.肥満予防効果

肥満の原因は、腸で吸収されたブドウ糖が脂肪と結合する事にあります。サポニンはそのブドウ糖の吸収を抑え、溜まっていく事を防いでくれるので、肥満予防に効果があります。

 

さらに更年期になると出やすい糖尿病も、サポニンが糖の吸収を抑えてくれるため、血糖値の上昇を食い止めてくれるので、糖尿病の予防、もしくは悪化の防止となります。

 

.コレステロール値減少効果

コレステロールが増えると血液がドロドロになり、動脈硬化や心筋梗塞といった、非常に怖い病気を発症させるのは有名です。サポニンはこのコレステロール、世間で言われる悪玉コレステロールの値を低下させてくれます。

 

したがって、血液がサラサラになり血流がよくなりますので、悪玉コレステロールの減少以外にも、肩こり解消や冷えの緩和といった、血行不足からくる症状も緩和されます。

 

3.血流改善効果

サポニンによって悪玉コレステロールが減り、血流が良くなる訳ですが、サポニンのすごいところはそれだけではありません。サポニンは血小板の凝集を抑制し、血栓が発生するのを防ぎます。

 

これにより、脳梗塞の一番の原因と言われている血栓を減らす事ができます。このようにサポニンは血流関係の改善をし、健康な体を維持するのに欠かせない成分となっています。

 

4.肝機能強化効果

更年期になると肝臓が弱ってきます。肝機能低下により高いカロリーの食事やお酒などがなかなか分解されず、酸化されて脂肪になってしまいます。サポニンはこの「酸化」を防ぐ作用があります。

 

サポニンによって、中性脂肪やコレステロールの酸化を防ぐ事により肝臓への負担を減らし、肝機能の改善となります。更年期障害の症状の1つである、胃もたれやムカムカといった症状も改善され、食事を美味しく食べる事ができるのは、とても魅力的な事です。

 

5.ホルモンバランス調整機能

更年期になると自律神経が乱れ、生理不順、やる気が出ない、めまいがするといった症状が出てきます。サポニンは、この自律神経の乱れを整える効果があります。

 

自律神経が正しくなり、ホルモンの分泌が活性化されると、生理不順も改善され、生理が早くきた、遅くきたといった事も改善されてきます。

 

そして、神経系の症状である手足の痺れや、むずむず病といった症状も、緩和されてきます。

 

6.免疫力強化効果

更年期になると、風邪をひいても中々治らないといった症状や、すぐに風邪をひいてしまう、といったように細菌に対する免疫力が落ちてきます。これらの細菌と体内で戦ってくれるのは、「ナチュラルキラー細胞」と呼ばれる細胞です。

 

このナチュラルキラー細胞は、体内に入ったウィルスや細菌と戦ってくれ、炎症などを防ぐ効果もあります。サポニンは、このナチュラルキラー細胞の動きをサポートして、活性化させるので免疫力がアップし、丈夫な体を維持するお手伝いをします。

 

7.抗アレルギー効果

更年期になると免疫力もさがり、アレルギー性の花粉症になった、または花粉症がひどくなったという事があります。さらに、体内で炎症を起しやすくなるので肌荒れ、ニキビといった症状も出てきます。

 

サポニンは、ナチュラルキラー細胞の動きを活発化させて免疫力を上げますので、アレルギーにも強くなり、張りのある肌を作り、花粉症などにも強い体質へと改善されていきます。このように、更年期障害の症状緩和には最適では?と思えるサポニンですが、万能ではありません。

 

サポニンには、田七人参や高麗人参から取れる「人参サポニン」以外にも、豆から取れる「大豆サポニン」「黒豆サポニン」などがあり、さらには「ヘチマサポニン」もあります。同じサポニンでも、人参や大豆から取れるサポニンは安全性が高いのですが、植物から取れるサポニンには注意が必要です。

 

特に桔梗などに含まれるサポニンは、赤血球の膜が溶ける(過剰摂取の場合)溶血作用や、吐き気を引き起こす事もあります。したがって、サポニンを摂取する場合には安全性の高い物を選んでください。

 

成分

TOPへ戻る