更年期障害症状

更年期障害症状に効くおすすめサプリメントまとめ

つらい更年期障害症状に効くおすすめのサプリメントについてまとめました。白井田七、キレイ・デ・エクオール、きなりの特徴や効能など。

更年期障害と自律神経の関係


更年期障害とは、ホルモンのバランスの乱れが原因で起こります。更年期障害の症状の中に、うつやホットフラッシュといった、自律神経の乱れが原因で起こる症状があります。

 

どうして、自律神経の乱れが原因の症状が、更年期障害に含まれているのでしょうか?

 

更年期に自律神経が乱れる原因とは?

 

エストロゲンの分泌は、脳の視床下部と下垂体から指令が出されて、卵巣がエストロゲンの分泌を行っています。

 

視床下部には、エストロゲンの分泌以外にも自律神経を調整する役割もあります。視床下部と下垂体は近い場所にあるので、お互いに影響を受けやすくなっています。

 

更年期になると、卵巣の働きが衰え、エストロゲンの分泌量が低下していきます。この時に、視床下部と下垂体ではもっとたくさんのエストロゲンを分泌させようと、一生懸命フル回転をはじめてしまいます。

 

このような状態になってしまうと、自律神経も影響を受けて乱れてしまうのです。その結果、気持ちが落ち込んだりイライラしやすくなったりしてしまうのです。

 

自律神経の乱れを整える方法

自律神経の乱れを整える方法は、2つあります。

 

1.生活習慣を見直す

生活習慣を見直すのは、ストレスを発散する機会を自分で作れているのかという事と、リラックスする時間があるのかという事です。

 

軽い運動をする事で、気分転換でストレス解消にもなりますし、ダイエットにも効果的です。

 

リラックスするにはお風呂にゆっくり浸かり、アロマなどで気分をリラックスさせることも、効果的だといわれています。

 

2.サプリや漢方を摂取する

サプリや漢方を利用する場合は、自律神経を整える作用があるものから選ぶようにしましょう。

 

サプリにするなら、高麗人参に含まれているサポニンが使用されているものがオススメです。漢方にするなら、当帰芍薬散や加味逍遥散などがオススメです。

 

これらのサプリや漢方を摂取することで、自律神経の乱れを整えて症状を和らげてくれるのです。

 

ホルモンバランスも整える

 

更年期が原因で症状がでている場合、自律神経の乱れを整えてあげるだけでは本当の改善とはいえません。

 

それはなぜかというと、自律神経が乱れてしまう根本の原因は、エストロゲンの分泌量低下でのホルモンバランスの乱れだからです。

 

更年期障害の症状には、自律神経系の症状以外にも精神神経系の症状・知覚系の症状など、他にも色々な症状を発症する場合があります。

 

では、ホルモンバランスを整えるには、一体どうしたらいいのでしょう。

 

ホルモンバランスを整えるのに有効だといわれているのは、大豆イソフラボンとエクオールです。

 

大豆イソフラボンは、体の中でエストロゲンと似た働きを行い、減少したエストロゲンを補う作用を持っています。

 

エクオールは、大豆イソフラボンのダイゼインが腸内細菌の力で変化したスーパーイソフラボンとも呼ばれている成分です。大豆イソフラボンよりも、エストロゲンに似た働きをしてくれます。

 

更年期障害の症状を和らげたいときは、自律神経だけを整えるのではなく、ホルモンバランスを整えることも大切です。

 

 

 

 

タグ :   

更年期障害のマメ知識

TOPへ戻る