更年期障害症状

更年期障害症状

男性の更年期障害

 

 

更年期障害は、女性だけの症状ではなく男性にもあります。男性の更年期障害は、LOH症候群とも言われています。

 

女性の場合は、女性ホルモン(エストロゲン)でしたが、男性には男性ホルモンというものがあります。男性ホルモンは、「テストステロン」と言われるホルモンです。男性ホルモンは、睾丸(精巣)で作られるテストステロンが、95%を占めています。

 

このテストステロンにより、たくましい筋肉、太い骨と言った男性特有の体を作ります。同時に、ひげなどの体毛も作られていきます。

この男性ホルモンが男性の場合、更年期になると減少してきて、以下のような症状を引き起こします。

 

・集中力がなくなる

・無気力になる

・不安に襲われる

・性欲の低下

・頭が重い

・勃起障害

・メタボリックシンドローム

・発汗

・早朝勃起(朝だち)

 

女性の更年期障害と似ている部分もありますが、勃起障害などは男性特有の症状です。男性の場合も女性同様、自覚していないうちに更年期障害になっている場合があります。

 

・元気が出ない

・体力の低下を感じる

・性欲が減った

・勃起しても持続しない

・夕食後にうたた寝をしてしまう。

・集中力が低下した

・神経質になった

・何をしても楽しくない

 

このような症状は、中年のサラリーマンであれば、多かれ少なかれ誰しも持っています。従って発見が遅れる場合があります。

 

男性ホルモンの低下で一番怖いのは、「心筋梗塞です。心筋梗塞は、高血圧や内臓脂肪の増加によって起きる病気ですが、それには男性ホルモンも関係しています。男性ホルモンが低下すると、加齢男性性腺機能低下症候群という病気になり、筋肉が減り、脂肪が増えるという心筋梗塞になりやすい体質になります。

 

そして女性同様血流も悪くなりますので、脳梗塞なども心配です。

では男性ホルモンの減少により、どのような症状が出てくるのかを解説していきます。

男性独自の精神の衰え

女性ホルモンが、女性の女らしさや丸みを帯びた体を作るのと同じように、男性ホルモンは、男性にとって男らしい体、男らしさと言った部分を形成しています。

一般的に、男らしいというのは、こう言う方を表す事が多いです。

 

「決断力がある」
「判断力がある」
「ぐいぐいと引っ張ってくれる」
「包容力がある」
「面倒見が良い」

 

そして、これ以外にもよく食べる、よく笑うといった部分も男らしいと言われます。

 

近年では、痩せ型の草食系と言われる男性が増えましたが、まだまだ女性の中では男らしいというと、先ほどのような男性をイメージされる方が多いです。

男性ホルモンがなくなると、先ほどの部分に影響が出てきます。決断力がにぶる・集中できないといった意思決定。そして、疲れが取れないのでやる気が出ない、食欲もないといった、覇気のない状態になる事があります。

体の症状

男性ホルモンが低下すると筋力が衰えてきますので、階段を上がるのがきつくなったり、すぐに息切れしたりします。さらに血行不良になるので肩こり、腰痛といった痛みが出てきます。

 

善玉コレストレール(HDL)が減少し、内臓脂肪が増えますので、メタボリックシンドロームに、いわゆるメタボになる事があります。

 

そして女性の場合と同じように、よく汗をかいたり体が痒くなったり、寝つきが悪くなるといった、一般的は更年期障害の症状が出てきます。

 

しかし男性の場合、一番深刻なのは「勃起障害」ではないでしょうか?

 

「最近性欲がなくなってきた」
「SEXをしていても疲れて困る」
「最後まで持続できない」
「ほとんど勃起する事がない」
「勃起している時間が短い」
「セックスが楽しくない」

 

更年期になると、女性も精欲が減ってきますし、男性もこのように勃起しにくくなると、どうしてもセックスをする回数が減ってしまいます。その結果、夫婦仲に支障がでたり、互いに気を使いあって、ストレスが溜まり悪循環になる事があります。

 

男性ホルモンを増やす為には、サプリメントやホルモン注射などの対処法がありますが、一番手軽に出来るのは「タマネギ」を意識して食べる事です。タマネギには、含硫アミノ酸(アリイン類)と呼ばれる男性ホルモンを増強するという報告が、2014年に東海大学より発表されました。

 

タマネギを食べる場合は、切断するのではなく1個丸ごと過熱する事により、切断の際に発生する酸素の活性化を防ぐ事ができます。この調理方法は、日本農芸化学会で検証されました。

 

更年期障害のマメ知識

TOPへ戻る